英会話の上達法の一つに、CDを使って英会話を聞き流す方法があります。この方法は、子供が言葉を覚えるのメカニズムを活用した方法で、言葉の意味が分からなくても聞き流しているうちに耳が言葉を聞き取れるようになるという方法です。聞き流しタイプの英会話教材は、自分で英語を発する必要がないため、通勤途中の電車の中など周囲にたくさん人がいるところでも問題なく英会話を学習できるというメリットがありますが、自分自身で英語を発音するわけではありませんし、講師と会話をするわけではないため、リスニング力を高めることはできてもスピーキング力を伸ばすことは難しくなってしまいます。

 

聞き流しタイプの英会話CDがオススメなのは、小さな子供と言われています。大人だと、すでに普段聞きなれている日本語しかはっきりと聴き取れなくなってしまいますが、子供の脳は言語をつかさどる部分がまだ完成していませんから、どんな言語でも聞き流すことによって脳の中に定着し、その言語の周波数を聞き取れるようになります。小さな子供がいる家庭で、ポップスなどの音楽をかけっぱなしにしていると、歌詞を教えるわけではなくても子供が自然にポップスを口ずさむようになる、という現象と同じなのです。

 

大人が聞き流しタイプの英会話CDを教材として使う場合には、自分が興味のある分野とか、普段は日本語吹き替え版で見ている海外のドラマの言語の身が収録されているCDなどを使うのがおすすめです。興味がある分野だと、もっと知りたいもっと聞き取りたいという意欲がわくので、集中力がアップして聞き取り能力が鋭くなるようです。また、一度に長時間学習しようとしても疲れてしまうだけなので、一回のレッスンは30分以内にするのがおススメです。大人になると、ダラダラするよりも短期集中で学習したほうが、頭に残りやすくなりますし、何回も繰り返して覚えることも良いでしょう。子供の場合にも繰り返して学習することは大切ですが、日常生活の中に上手に組み入れることで英会話力がアップしやすくなります。

 

聞き流しタイプの英会話教材おすすめを見る