英語のスピーキングは、英語を勉強する中でも最も難しい分野です。日本人は日本語なら上手に話すことができますが、英語となると基本的な発音形態が異なるので、どうしても日本語訛りの英語になってしまいがち。企業に勤務していて業務上どうしても美しい英語を話す必要がある場合には、スピーキングのレッスンなどを受けることもできるのでしょうが、私たちの多くは、そうした機会には恵まれないものです。

 

独学で英語のスピーキングを上達するためには、いくつかの方法があります。まず、自分の声を客観的に耳で聞き、直せる部分を見様見真似で直してみるという方法です。最近ではスマホなどに録音機能がついているので、自分で話す英語をサッと録画することが可能です。

 

それを実際に自分で聞きながら、イントネーションやアクセントなど細かい分で改善するべき点を見つけましょう。そして、何回も何回も練習するのです。方法は簡単です。練習している部分をさらに録画して、また自分で聞いてみる。どうしてネイティブのように話すことができないのか、発音を真似したり工夫することで、自分が持っている改善点を克服できます。

 

英語を独学で勉強すると、ネイティブ独特の言い回しやフレーズなどを学べる機会が少なくなってしまいます。そこでおすすめなのが、映画やドラマなどを二か国語放送で見たり、吹き替えではなく字幕で見たりすることで、本場の生きた英語を耳で聞き、そこからフレーズや言い回しを学ぶという方法です。

 

映画やドラマならたくさんの題材がありますし、大好きなドラマシリーズなら、ストーリーを理解したいと思いますから意識を集中して耳を傾けるはずです。最初は意味がまったく分からなくても、何回もリピートして見るうちに、少しずつ短いセリフから理解できるようになります。その努力を繰り返していけば、長いセリフでもなんとなく何を言っているのかが把握できるようになるのです。セリフの中で難しい単語が出てきたら、そのたびに辞書などを使って意味を調べることも大切です。

 

アマゾンで販売している人気英会話教材を見る!

 

オンライン英会話 当サイト人気ランキングを見る!