英語を上達するコツは、何よりも失敗を恐れずにどんどん体当たりすることではないでしょうか。私たち日本人にとっては、英語と言う言語は日常生活の中ではほとんど使いませんし、普段の生活の中で目や耳で触れる英語と言えば、テレビCMや雑誌などに登場する「英単語」ぐらいではないでしょうか。もちろん、こうした英単語も英語を上達するためには必要な要素なのですが、単語と言う部分だけに固執してしまうと、なかなか上達するチャンスを逃してしまうことになります。

 

私たち日本人に限らず、英語を母国語としない人たちの多くは、外国語としての英語を習得することになります。母国語と文法も違えばボキャブラリーも異なれば、習得するにも時間がかかりますし、簡単にスラスラとマスターできるわけではありません。しかし、スタート地点は同じなのに、短期間で上達できる人もいれば、何年たっても一向に上達しない人もいるのはなぜなのでしょうか?

 

それは、失敗を恐れてチャレンジするかどうかが大きな分岐点となっているからです。英語を話すということは、言葉つまり言語として他人とコミュニケーションを取るためのツールなわけですから、恥ずかしいから、自信がないからと言って言葉を発しないのでは上達するわけがありません。しかし、失敗しても仕方ないと開き直り、どんどんチャレンジしていけば、正しい発音やより実用的なフレーズなども耳で覚えることができるので、上達しやすい環境に自分自身を置くことができるのです。

 

小さな子供達が言葉を学習するステップをイメージしてみてください。子供たちは、周囲の人の言葉を耳で覚えて、真似してフレーズを使ってみますし、テレビを見て言葉を覚えることももいます。つまり、英語を上達するコツは、耳を鍛えることなのです。相手が何を言っているのか理解できれば、そのフレーズを自分のものにできますし、耳で聞いたことを言葉にすることで会話も成立しやすくなります。

 

アマゾンで販売している人気英会話教材を見る!

 

オンライン英会話 当サイト人気ランキングを見る!